退職代行サービスで退職した話

こんにちは。

今日は少し真面目な話をしようと思います。

 

最近「退職代行サービス」という代行業者さんが密かに話題になっているのをご存じでしょうか?

 

退職代行サービスとは、その名のとおり、"退職を代行してくれるサービス"です。

 

具体的にどのようなサービスなのかというと…

"退職したいという意思を電話などで自分の代わりに会社に伝えてくれる"

サービスです。

主に、精神的苦痛で自分で退職の意思を伝えられる状態ではない人、過去に退職の意思を示したが何かと理由をつけられて退職させてもらえなかった人、自分の意思とは正反対にしつこく引き止めされている人のためのサービスです。

退職代行業者という第三者が入ることによりそんな人でも簡単に退職できます。

 

なんだか怪しくない?と思う人も多いと思います。

確かに、退職代行をうたった悪質な業者さんもいます。

ですが、きちんとした業者さんであればそんなことは一切ありません。

 

退職代行サービスをやっているところはたくさんありますが、その中でも私が選んだのは人気の高い『SARABA』という代行業者さんにしました。LINEでも代行依頼を受けつけていて、若い人も利用しやすいです。

 

SARABAの公式サイト↓

https://taisyokudaikou.com/

 

利用はもちろんタダではなく、お金がかかります。

SARABAは私が利用した時は30000円でしたが他業者との価格競争もあり、2019年3月14日現在は29800円になっています。SARABAは追加料金は一切かかりません。

※追加料金が発生する(代行電話一回につき○円など)退職代行サービスもありますので注意してください。

※2019年3月現在の情報ですので金額が変わっている可能性があります。必ずご自身の目で確認されてからのご利用をおすすめします。

 

〜利用の流れについて〜

 

まず、辞める数日前までに、利用についての相談(心配なことや質問など)を退職代行サービスさんに相談しましょう。

それが終わったら、「こちらを利用したいのですが~」という意思を伝えます。

 

ここまではなくてもいいですが、あればスムーズに進みます。

 

ここからが本題です。

 

私はLINEで代行依頼をしました。

LINEでの流れについて説明していきます。

 

まず、SARABAさんのLINEアカウントを追加します。

すると、自動でこんなメッセージが送られてきます。

f:id:Asakuranbo:20190314124112j:image

同時に即日代行についてと料金振込についても送られてきます。

f:id:Asakuranbo:20190314124411j:image

 

私は即日代行希望だったので、案内にしたがって、振込をし、すぐにその証明となる写真を送りました。

f:id:Asakuranbo:20190314133716j:image

 

入金完了の確認が取れるとまず、SARABAから、氏名・生年月日・職業・雇用形態・勤務年数・自分の電話番号・会社名・会社の電話番号・自分の所属部門・会社に連絡してほしい日時や時間帯・会社から借りているもの・会社から返却してほしいもの・有給休暇の残り日数・有休を消化するかどうか・退職希望日・自分の住所(会社に登録してある住所と同じかどうかの確認)・退職理由・自分が会社との直接のやり取りを希望するかしないか・会社へはいつまで出勤するのか、などなど細かく聞かれます。質問ごとに番号がふられていて1度に全部の質問が送られてきます。こちらはその質問をコピペして質問に答えて送信するだけでOKです。

 

すると、本人確認のために身分証の提示を求められるので保険証などの写真を送りましょう。必要部分だけ(氏名,生年月日,性別,事業所名称)が写っていればOKです。番号と記号はモザイクかけてて大丈夫です。

 

これが終わると即日代行希望の場合はすぐに、会社が今日営業しているかを聞かれます。営業している場合は早ければその日のうちに代行サービスが開始されます。私の場合は入金から僅か3時間で退職手続きが終わりました。

f:id:Asakuranbo:20190314133156j:image

 

有給休暇の消化について(退職日まで有給休暇消化するなど)もSARABAさんにあらかじめ伝えておくと、それも会社に連絡してくれます。

※残業代未払や損害賠償等の交渉は弁護士の業務なので弁護士の指導の入っていない退職代行サービスでは非弁業務になるため実行できません。SARABAでもそのやり取りはできませんので注意してください。

※2019年3月現在の情報ですので、必ず最新の情報をご自身の目で確認されてからのご利用をおすすめします。

 

*会社への返却物(制服や保険証など)がある場合の対応について

 

会社へ自分から郵送するか、会社へ直接行って返却してください。送料はもちろん自己負担です。

 

退職届は自分で書いて郵送して下さい。

弁護士のついていない代行業者は退職届の代行はできません。

 

 

こんな感じで自分自身は一切会社の人間と直接言葉を交わすことなく退職できちゃいます。世の中はこれを卑怯だと言いますが果たしてそうでしょうか?

辞めたくても辞められない、辞めさせてもらえない、上司と話せる状態じゃない、精神的に辛くて自分ではどうにもできない…そんな人たちの救いになるのが退職代行サービスなのです。

私が勤めていた会社もかなりブラックで、私自身、精神的にもかなり追い込まれていて、上司とは全く話せない状態でした。ちなみに私の勤務年数は1年半以上です。辞める2ヶ月くらい前までは元気で、仕事もそれなりに楽しくしていましたが入社時から続いていた上司からの度重なるモラハラや嫌がらせによるストレスが原因の体調不良が頻繁に起こるようになり、仕事が継続不可能になりました。そんなときに見つけたのが退職代行サービスでした。

 

退職したら弱い人間だとか負けだとかそんなことは絶対にありません。

退職で悩んでいる方はぜひ一度、退職代行業者さんに相談だけでもされてみてください。

 

今回紹介している退職代行サービス

「SARABA」

https://taisyokudaikou.com/

公式サイトへ飛べます↑

 

 

 

 

〜次の就職をお考えの方へ〜

就職説明会に参加してみませんか?

就活のお悩み相談できます!↓↓